折りたたみを展開する

おぼえ書き、まとめ、発表など

英文ライティングの覚書 (JW, Lesson5: Emphasis)

続き。今回は少し哲学的。

Style: The Basics of Clarity and Grace (5th Edition)

Style: The Basics of Clarity and Grace (5th Edition)

Lesson5 Emphasis

読者は以下の2点について書き手に助けてほしいと思っている。

  1. 長く複雑な文や節の理解

  2. 新しい情報の理解(特にテクニカルターム)

よって、簡素に文章を構成することが前提であるが、単純な内容→複雑な内容という流れを心がけて読者の理解を促す。

そもそも、メインキャラが主語になり、アクションがキャラの動詞になっていればわかりやすい文と文章が書ける。このことは前回までのレッスンで確認したとおりである。

しかし、文章の始まりと終わりは特別注意を払わなくてはならない。なぜなら、文章の始まりは読者がその文を読み進めるのに、文章の終わりは読者の読後感に大きく影響するからである。

たとえば、文章が突然テクニカルタームで始まるとその単語に馴染みのない読者は文章を理解できなくなる。始まりの文が理解できないと、それに続く文も理解できなくなってしまう。よって、テクニカルタームはできるだけ文章の後に出てくるようにする。

また、キャラを指し示す語句はトピックセンテンスとして繰り返す。しかし、強調するキャラが増えすぎると意味がないので注意すること。

文のなかで単語を強調する道具

文の中で単語を強調したいときもある。重要なキャラクタなどがこれにあたる。

文のなかで単語を強調する道具として、

  • there is
  • what
  • 強調構文
  • 受動態(e.g. by our genes. Our genes~.)
  • Not only ~, but ~.
  • 代名詞をつかう

最後の代名詞を使うというのは同じ言葉を繰り返さないということである。例えば、 Tom is ~. Tom’s ~. By Tom …. という風に同じ単語が続いてしまうと平坦な印象を読者に与えてしまう。

できるだけ既知情報は前にだす

既知の情報や内容のない周辺的な情報は前にだす。大抵は副詞節などがこれに当たる。逆に、新情報は後ろに置くことが鉄則。

  • 漸降法は前に出す
  • Sinceなどの文の後に出す副詞節は前に出せるのなら出す (e.g. For the most partとかも)
  • 新情報は後に出す

漸降法の例としてテキストでは ”It must be remembered” が挙げられている。たとえば、

XXXX, It must be remembered.

よりも、

It must be remembered that XXX.

の方が良いとされている。これは、 “It must be remembered” という節の内容が薄い(~情報があまり無い)からであろう。