折りたたみを展開する

おぼえ書き、まとめ、発表など

C++の教科書について

もう一度紹介

以前のエントリーでも紹介したが、C++についての本を読んでいる。

be-dazzled.hatenablog.com

基礎からしっかり学ぶC++の教科書 C++14対応 (マイクロソフト関連書)

基礎からしっかり学ぶC++の教科書 C++14対応 (マイクロソフト関連書)

すごく良い

内容をレビューできるほどの身分ではないが、とてもいい本だと思う。厚い本から得られるものより、薄い本から得られるものの方が多いということは頻繁におこる。コンパクトに収められている分、通読し易いし、内容も記憶しやすいからだ。この本は、トピック毎につらつらと説明が書かれているのだが、分量が少ない分そういった構成でも飽きることはない。

なによりこの本が良いのはself-containedであることだ。つまり、頭から読んでいけば理解できるように書かれている。前提知識の要求が低いので、どんな人にも勧められる。前回のエントリーでも書いたが、この本でプログラミングを知りたかった。

著者のブログは必読

著者のブログも面白かった、エントリーの数こそ少ないが、内容は濃い。特にこの本の紹介のエントリーは面白かった。

blog.unfindable.net

曰く、

プログラミング言語なんて,Python一択になるんじゃないの?という向きは,TensorFlowのコードや,世界コンピュータ将棋選手権の参加チームの使用言語をご覧になるといいでしょう。「どうしてJavaC++よりも遅いPython機械学習で使われているの?」などという話もあります。

だそうである。確かにそうだと思う。

また、この本は、

『文法からはじめるプログラミング言語 MS Visual C++入門(マイクロソフト公式解説書)』(日経BP, 2009)の改訂版という位置付けですが

とのこと。今回のタイトルの方が断然良いと思った。