折りたたみを展開する

おぼえ書き、まとめ、発表など

自炊代行を巡る

自炊代行

自炊と呼ばれる行為を初めてみたのはネットランナーだっただろうか。確か、ゲームのROMデータを自分で吸い取る(データをパソコンに取り込む)という意味だったように記憶している。ファミリーコンピュータースーパーファミコンのカセットから取得したデータをパソコンで走らせてプレイするというのがブームになった*1

それが今や自炊といえば、本をデータ化するという意味になっている。何度か自分でも裁断と、スキャンをした。OCRもかかって使い勝手がいいのだが、面倒なので代行をお願いしようと考えている。裁判等を経て、色々と問題があるのだが、サービス自体は何社からか提供されている。

f:id:Rlan:20170626170327p:plain

BOOKSCAN

BOOKSCAN(ブックスキャン) 本・蔵書電子書籍化サービス - 大和印刷

BOOKSCANという会社もそのようなサービスの1つ。色々チェックした中でここに注文してみようという運びになった。色々な閲覧方式に合わせてくれるというのが嬉しい。

インタビュー

しかし、この会社のサイトには有名識者・文化人のインタビューが載っている。学者や小説家などの文筆業の方が多い。もちろん、スキャン代行に関連した内容もあるのだが大抵はその方の生き方に関するものが多い。内容も当然ながら惹かれるものが多い。

BOOKSCAN(ブックスキャン) 本・蔵書電子書籍化サービス - 大和印刷

このような、内容に惹かれる層というものが当然あって、それをBOOKSCANのメインユーザー層にしたいということだろうか。たしかに、自炊代行を巡る争いで中心となっているのは漫画や大衆小説の自炊で、専門書に関したものは少ないように思える。

*1:一部界隈で