折りたたみを展開する

おぼえ書き、まとめ、発表など

CLionを使う

IDEを使ったことがなかったのだが、そうもいってられないので、使っている。 Macなので、安直にXcodeを使用しようとおもったのだが、どうも思いし、C++の勉強には不向きだと思う。 全部、MacでVisual Studiogが使えないのが悪い。 いろいろと物色していたの…

論文の書き方

アウトリーチ本 人工知能は人間を超えるか、という本がある。この本は昨今の一般メディアの人工知能ブームよりも前に出版された本であり、ベストセラーにもなった本である。 人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの (角川EPUB選書)作者:…

lyxで何も考えずに画像をいれたい

もう普通何も考えたくないからTexShopではなくLyxを使っている。texを使っていたころの名残からなのか、epsに画像を変換してからlyxで読み込んでいたのでたいした不都合をかんじていなかった。方法としては、ImageMagicで変換して使うというあるまじきローテ…

pandasで日付を扱う

日付を扱うには pandasで日付を扱うには、TimeStampが便利である。というより、そうやって扱うことになっている。 qiita.com 適当にparserだかなんだかを指定しなくては行けないこともある。しかし、たいていは何もしないでもいい感じに読み込んでくれる。上…

勉強法が全然わからない

勉強 勉強というのはある意味手順があって、専門分野を勉強したければその教科書を読めばいい。授業の資料なども沢山インターネットに上っている。どの教科書を読めば良いかもシラバス等を見ればわかるだろう。 もし、その教科書を読む素養がなければもっと…

numpy arange と linspaceのちがい

細かくて、気付かない あまり気にしないで使っていたが、numpy には arange と linspace がある。似ているが、違う性質を持っている。 ドキュメントを引用してみると、 numpy.arange — NumPy v1.13 Manual numpy.arange Return evenly spaced values within …

広報誌について

広報誌の意味 広報誌というのは大きな会社なら大抵ある。株主向けというのもあるのかもしれないが、わかりやすく情報発信するために工夫が施されているものが多い。株式会社といっても千差万別だ。BtoBからBtoCなど色々な会社がある。大会社といっても聞き馴…

C++の教科書について

もう一度紹介 以前のエントリーでも紹介したが、C++についての本を読んでいる。 be-dazzled.hatenablog.com 基礎からしっかり学ぶC++の教科書 C++14対応 (マイクロソフト関連書)作者: 矢吹太朗,WINGSプロジェクト山田祥寛出版社/メーカー: 日経BP社発売日: 2…

Quoraという質問サイト

暑い日 今日は選挙日だ、結果はどうなるのであろうか。よくわからない。ただ、少し祭り的な気分がするので嫌いではない。公民権くらいは行使していては良いのではないだろうか。 質問サイト ところで、最近おもしろい質問サイトに登録した。Quoraという質問…

if and only if から感じる違和感

丸暗記しちゃだめ? if and only if というセリフがある。日本語でいうところの必要十分条件を意味する。例えば、 if and only if とかそんな感じ。なにも考えずに、使っているがいったいどういう流れでこれが必要十分条件という意味になるのだろうか。 素直…

ひとつき

一ヶ月が過ぎた とりあえず、一ヶ月間のブログ更新を果たすことができた。何も書くことがないのだが、良くもまあ、駄文を重ねてきたものだ。書くことがあるからではなく、書くから書く内容が浮かぶのだということがよくわかった。職業小説家には決まった時間…

Numptyのiscloseのrelative toleranceについて

大体同じだったら一緒ってことで良いよ Numpty の iscloseを使った時、よくわからない部分が出た。デフォルトだと値が設定されているのだけど、 relative tolerance というパラメターである。 numpy.isclose(a, b, rtol=1e-05, atol=1e-08, equal_nan=False)…

読んでいる本

最新の読んでいる本 また、新たに本を読み始めた。なんとなく、C++を勉強しないといけないなという電波を受信したので。でも、どんな本を読めばいいかわからなかった。すごく有名な入門・中級とある本があるが丁寧過ぎて全てに目を通すのはめんどくさそうだ…

本を読む

本を読む。電子書籍が全盛期とはいえ、物理的な本を読むことが多い。持ち運びに不便というデメリットはあるものの、教科書などは実物の本の方が読んでて楽しい。 持ち運びの不便さ以外にも本の問題はある。弾力で本が閉じてしまう。覗き込む状態で読むので首…

自炊代行を巡る

自炊代行 自炊と呼ばれる行為を初めてみたのはネットランナーだっただろうか。確か、ゲームのROMデータを自分で吸い取る(データをパソコンに取り込む)という意味だったように記憶している。ファミリーコンピューターやスーパーファミコンのカセットから取…

クーロン黒沢氏

中から外を見る クーロン黒沢というライターがいる。東南アジアで生活している日本人ライターだ。誰しも若かりし頃、海外で放浪することを夢みて本を読むもので、村上龍の『半島を出よ』とか、一ノ瀬泰造の『地雷を踏んだらサヨウナラ』とか、海外でボランテ…

納得できない問題について

Degroot be-dazzled.hatenablog.com 過去のエントリで言ったように、ちびちびと統計の教科書を読み進めている。ところどころ、よくわからない点があるがおおむね面白く読めているのではないだろうか。 Probability and Statistics作者: Morris H. DeGroot,Ma…

お風呂掃除の話

めんどうな掃除 お風呂掃除はめんどくさい。お風呂場きれいにしたいと願っているが、ものぐさなのでどうも出来ない。全然きれいなお風呂では無いが、汚くならないために気をつけたりはしている。換気とか。 乾燥させるには 洗濯に関するエントリーで言及した…

歯ブラシの話

歯磨きに取り組みはじめた理由 歯ブラシにこだわっている。一度、虫歯で抜歯寸前までいったのでその教訓として丁寧に磨くように心がけているのだ。歯科医に相談して気づいたのだが、歯磨きを毎日していても定期的な検診・クリーニングを受けなくては、虫歯に…

スクレイピングのおぼえ書き

スクレイピングとは スクレイピングとは、Webなどのから情報を習得する一連の作業だ。Webサイトなので、htmlの形でWebから取ってきたデータを加工・整形してデータ分析に持ってくる。 日々、更新していく情報を一定時間間隔で習得したり、様々なサイトを巡回…

分割方法で発散を抑える

前回の記事の続きである。 be-dazzled.hatenablog.com 効率性について 効率性と言っても、色々ある。ここでは、 の増加に対して、線形の場合よりも緩やかに増加する調べ方を目標にする。やや厳密に表現すると、探す時間を という の関数と考えたとき、 とな…

アルゴリズムパズル

毒飲ましゲーム 随分物騒な題名だが、アルゴリズムに関連したパズル問題には、毒が良く出て来る。大抵は奴隷と 個のコップがが出てきてその大抵が毒入りなのだ。大抵の質問は、効率的にアタリを見つけるには?とかそんなの。 ということで、今回も毒飲ましゲ…

グラフアルゴリズムの計算量

グラフに関するアルゴリズム アルゴリズムの本を読んでいる。 アルゴリズムデザイン 作者: Jon Kleinberg,Eva Tardos,浅野孝夫,浅野泰仁,小野孝男,平田富夫 出版社/メーカー: 共立出版 発売日: 2008/07/10 メディア: 単行本 購入: 10人 クリック: 421回 この…

お湯を使った洗濯

洗濯の話の続き。 be-dazzled.hatenablog.com 浴槽の洗浄をしたからといって、タオルについた匂いが取れるわけではない。そういうときはお湯を使って、タオルを洗えば良い。浸けても良い。なにも、100℃の熱湯ではなくても60℃くらいであれば効果はある。 だが…

ビッグオー記号について

ビッグオー記号とは ビッグオー記号というものがある とかそういうのだ。定義としては、ある と定数 が存在して、 であるというものだ。ランダウの記号とも呼ばれている。 詳しくは、 mathtrain.jp で解説されている。 落とし穴 ここで注意しなくてはいけな…

お湯でタオルを洗う

洗ったハズだぞ 「洗ったハズのタオルが臭い」誰しも体験したことがあることだと思う。タオルだけじゃなくて、洗濯物全般が臭いということもある。多分、複数の原因が考えられると思う。大体が、雑菌の繁殖によるものだ。汗で臭いというのも実は、汗によって…

因果関係と相関関係

現実世界は難しい 因果関係と相関関係は異なる。気の利いた小学生でも言えることだが、なんともpatheticなことだ。自然科学分野の研究であれば、コントロールや実験をすることができるが、他の影響をコントロールできない場合*1だと因果を明らかにすることは…

スリープせずに、Macの画面をロックしたい。

プログラムの実行など プログラムを実行したまま、Macを放置しておきたいという状況はほぼすべての日本国民が直面したことあると思う。しかし、画面をそのまま放置してその場を離れてしまうと、悪意ある人にAmazonでシリアル1tを注文されてしまうかもしれな…

ご飯の炊き方

白米にまつわる問題 白米と日本人のレキシは長い。稲作がここらへん日本列島に根付いてから幾千もの時を過ぎた。パン食の増加、低糖質食の流行、色々と困難もあるが、まだまだ主食として食べられている。『主食』という概念自体が世界的に見ても珍しいことを…

宮川繁教授について

MIT のOCW オープンコースというのがある。大学が講義などをネット経由で公開しているという奴だ。iTunes U などが有名だろう。 色々な大学が授業を公開していて、そのなかでもMITの講義はマテリアルが充実していて、面白いので受講している。著名な教授のレ…

わからないことがあったらどうするのか

わからない、その時 わからないことは多い。わかっている集合を作って、その補集合に属する任意のものわからないと定義したほうが良いくらいだ。教科書・論文・授業・散文、、、色々ある。 論文や教科書 特に論文を読んでいてわからないことに遭遇することが…

バナナの問題

バナナについて バナナが好きだ。手軽だし、食物繊維が多いし、甘いし。大人になってから、よく食べるようになっている。バナナダイエットなんかも流行ったこともあった。スーパーに行けば必ず売っているし、アメリカみたいな海外でも手に入りやすいんじゃな…

サプリってほとんどおまじないだ

サプリメントを飲んでる サプリメントを最近飲むようになった。名前からわかるように、栄養補助という意味合いの存在なので、サプリを飲んだからといって健康になるわけでもない。普段の食事で必要な栄養素を摂取しなくては行けないのだが、毎日バランスの取…

数式、かけなかった。

数式が書けない。 何日か前のポストで数式の書き方にてついてポストした。 これ。 be-dazzled.hatenablog.com だが、htmlの出力で記事を作成しようとすると、長い数式が書けないことに前のポストで気がついてしまった。 これ、 be-dazzled.hatenablog.com 結…

円のなかを調べたかった

ということで、練習問題を解いている。この本の。 Probability and Statistics: Pearson New International Edition 作者: Morris H. DeGroot,Mark J. Schervish 出版社/メーカー: Pearson 発売日: 2013/08/29 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見…

担当者探しゲームをした

以下のような問題があった。 あなたは、ある要件Xを尋ねるために役所Aにいった。要件Xの担当者が役所Aにいるのは間違いない。ただし、とても大きな役所だ、部署は何百とあるし、従業員は何千といる。その市役所では、要件がある人は入り口にある受付で訪ねる…

おなかの調子を知りたかった

お腹がきになる 体調とお腹の調子、この2つは連動している。しかし、どちらのほうが変化が激しいかというとお腹だろう。可視化されるし。つまり、お腹の調子をコントロールすることを心がければよいということになる。 腸内フローラという概念も認知が高ま…

お湯ではなく水でだした

熱くなってきた。外を歩と汗ばむ。待ち構えているであろう、灼熱と湿気MUNMUNの季節をいやにも想像してしまう。しかも、これから梅雨。思考回路はショート寸前、今すぐ冷たいもの飲みたいよ。 ということで、外ではお茶を買う。コンビニに行けば飲料は沢山あ…

「ない」は難しかった

ない、というのは難しい。悪魔の証明と言われる。しかし、検問で飲酒運転では無いと証明するには、呼気を調べてもらえばいいだけである。つまり、「〜ないことの証明」はつねに悪魔の証明というわけではない。 さて、英語の参考書などで、以下のような英文を…

快適にブログを書こうとおもった

ブログを書き始めたことは、このブログを見た人であれば知っていると思う。はてなブログ ではMath Jack が使えるので、数式も記述できるという次第。とてもいいことだと思う。ありがとう、Math Jack。しかも、以前はサイドバーに組み込まなくてはならなかっ…

パスカルの三角行列は下三角行列だった

線形代数の復習のために、ストラング線形台数という本を読んでいる。MITの名物講義ということで、Open Course として講義ビデオやノートと資料も公開されている。日本の線形代数の教科書とは違い、例が豊富なのが特徴。 ocw.mit.edu 世界標準MIT教科書 スト…

Degrootで定理をみたらそこに倒置があった

Probability and Statistics, Degroot, 4th という教科書がある。大学学部用の教科書なのだが、内容が豊富でオススメということだそう。どうやら、統計検定の受験者に定評がある内容らしい。 Probability and Statistics: Pearson New International Edition…