折りたたみを展開する

おぼえ書き、まとめ、発表など

論文で学ぶ論文のための英語 [1]

 

PNAS論文: Computer science skills across China, India, Russia, and the United States*1

より。英語的に興味深いものをピックアップ。

 

まずは、アブストから、

 We assess and compare computer science skills among final-year computer science undergraduates (seniors) in four major economic and political powers that produce approximately half of the science, technology, engineering, and mathematics graduates in the world. We find that seniors in the United States substantially outperform seniors in China, India, and Russia by 0.76–0.88 SDs and score comparably with seniors in elite institutions in these countries. Seniors in elite institutions in the United States further outperform seniors in elite institutions in China, India, and Russia by ∼0.85 SDs. The skills advantage of the United States is not because it has a large proportion of high-scoring international students. Finally, males score consistently but only moderately higher (0.16–0.41 SDs) than females within all four countries.

 

  • four major economic and political powers that produce approximately half of the science

     

ここでのpower[s]は国のこと。力のpowerと違い、加算名詞である。他にもいろいろ訳語がある。

 A state or country, especially one viewed in terms of its international influence and military strength.

‘a great colonial power’ [Oxford dictionary]

主要な国からサンプルしましたよ、といいたいときに使い所のあるフレーズだと思う。 

  •  substantially outperform A by X

     

AをX離して大きく上回る。substantiallyで定性的に述べてからby以下で具体的に述べる。結果を述べるのに使える。

 

  • in elite institutions in these countries

     

in...in... と続けても良いんだね。

 

後は面白いと思ったセンテンスの列挙

  • The rapid proliferation of information and communication technologies (ICTs) in economic, political, social life has led to ...

     

なにかが急激に増えてそれが、政治・経済・社会生活に...をもたらしている。最初の導入で研究の対象の重要性を述べるのにつかえる。  

  • Despite rapid increases in the quantity of CS students and graduates, however, little is known about their quality.

     

XXは量的には知られているが質的には知られてない[のでこの論文で調べます]

 

  • policymakers and administrators seeking to improve...

     

...を改善する手立てを探している政策立案者や行政。適当な人や組織にseeking to improveをつけて研究にpolicy implicationがあることを述べるときに使える。

 

  • Our sample of CS students ... may be of slightly higher math and science ability

     

 サンプルは数学と科学の能力がxxxと比べて少し高いかもしれない。内容というより、of higher math abilityみたいなのはカッコいい。

 

  • We provide further details on XXX  in YYY

     

 

XXXのさらなる詳細はYYYで述べます。Appendixを使うときに使える。

 

  • To minimize bias due to differences in language, we followed a rigorous multistage translation and translation review process

     

 バイアスをコントロールする、というのではなく、バイアスを最小化すると言いつつその手順を導入する文。使い所が多そう。

 

  • ...seniors in elite programs score much higher than seniors in nonelite programs...

     

scoreが動詞として使われているので動作が生き生きとしている。

 

  • The substantial advantage of CS students in the United States is not driven by the presence of international students.

     

XXXの結果はYYYというものが要因では無いですよ。とさらっと述べる。

 

  • United States graduates only face competition from a much smaller cadre of elite program graduates in China (∼33,000), India (∼8,000), and Russia (∼4,000).

     

 

cadreというカッコいい単語。特別な集団みたいなニュアンス。

A small group of people specially trained for a particular purpose or profession.

‘a cadre of professional managers’ [Oxford dictionary]

 当然、 of 以下には何かの集団を表す名詞が来て、elite program graduates in...

中国、インド、ロシアのエリート校の出身者(達の集団で)とくる。graduatesという名詞を使っているのでスッキリしていて、かつ数字も列記出来ている。自分だと、those who graduated from .... みたいにダラダラ書きそう。

 

  • pretertiary training in CS

     

おそらく、大学入学前のCS教育を指しているとおもう。 pretertiary trainingはpre-university trainingを指すが、ほかにも、basic educationも意味するらしい。

Pre-tertiary education - Wikipedia

*1:Loyalka, P., Liu, O. L., Li, G., Chirikov, I., Kardanova, E., Gu, L., ... & Hu, S. (2019). Computer science skills across China, India, Russia, and the United States. Proceedings of the National Academy of Sciences, 201814646.

ガラポンTVが良すぎた

ガラポンTVを購入した。というより、レンタル(月額1250円)という形。ガラポンTVを使うと、ワンセグ放送を8チャンネル約2週間分録画*1、ネット経由で視聴することができる。もちろん、自宅に設置するので自宅にTVアンテナも必要だし、ネット回線も必要である。

全テレビ番組録画機・全録機 ガラポンTV

アプリ・ブラウザ経由で自宅に設置されたガラポンTVにアクセスして視聴する形になる。ワンセグなので、テロップがギリギリ読めないといった欠点がある。反面、容量が軽いのでモバイル回線での視聴には快適である。なんといっても驚いたのがその設置の手軽さである。ガラポンTVを受け取ったらネットとアンテナに接続するだけでいいのだ。購入時のアカウントでシステムにログインすることができ、ポート開放なども取り立てて必要ない*2

https://1.bp.blogspot.com/-mCob-meAb8o/V9aHBKfUBDI/AAAAAAAA9mk/APRsw9aNqhUTrGlqTTNl6IYKCHvuWuZjwCLcB/s400/tv_1seg.png

ガラポンTVによって、全録+ネット経由でアクセスが可能になったことで時空と空間を越えたTV視聴が可能になったと言ったら中二病が過ぎるだろうか。例えば、Twitterやネットニュースで話題になった番組をその場で視聴することが可能である。同様の機械やサービス以前からも確かに存在するのだが、ガラポンはかなり手軽で他の人のレビューも見ることができて嬉しい*3

無料期間もあるので、ぜひ一度お試しあれ。

*1:1チャンネルだと4ヶ月分だそう

*2:うまく行かない場合もあって、そいう場合は機器の設定など個別に対応する必要があるそうだ

*3:ただしあまり盛んではない

プログラミングについて

プログラマーでもないし、正規のCSの教育を受けたことがないのでなにがプログラムに必要になっているものがなになのかよくわかっていない。

そういう考えをもっていたところ、

qiita.com

の記事で、

1.技術的なスキルをマスターしよう。もっともよい教材のリストはこれだ。 https://www.google.com/about/careers/students/guide-to-technical-development.html コースに学生向けと書かれていても気にするな。俺は学生じゃないけどここにあるほとんどのコースを受講した。

ということで、

www.google.com

が紹介されていることを発見した。 よくわからないが、初心者向けのコースもあるということでこれを一から受講してみようと思う。

Amazon.comとAmazon.co.jpのキンドルの住み分け

パスかメアドを変えればエエねん

米国から日本のKindleを購入できないという話をよく聞く。個人的にはこのような状況になったことがなく。また、なぜなのかよくわからない。Netflixyoutubeのような動画サイトが国外から視聴できないというのはなんとなくわかるし、体験したこともある。しかし、書物に関しては特定のジャンル以外に関しては国外で売ったとしても権利的とか契約的なアレが問題になることはなさそうである。なので、米国から日本のKindleを購入できないというのは勘違いでは無いだろうかと思っている*1。現に自分は購入できている。それともKindleで、youtubeのように「このコンテンツは日本国外からはダウンロードできません」のようなメッセージが表示されるのだろうか。

シックスサマナ 第30号 働くことは罪である

シックスサマナ 第30号 働くことは罪である

これは推測なのだが、米国のから日本のKindleが購入できないのは、Amazon.comAmazon.co.jpで同一のメールアドレスとパスワードを使用しているからでないだろうか。このどちらかを別のものにすれば、住み分けができるはずである。パソコン、スマホないしKindle機器でログインする時に、それぞれに紐付けたメールアドレスかパスワードでログインすれば米国のKindleと日本のKindleの好きな方を選択できるように思える。

じゃあ、何も問題が無いのかといえばそうでもない。例えば、同一のKindle機器にAmazon.comAmazon.co.jpKindleコンテンツを同居させることはできない。アカウントを変える毎にダウンロードし直さなくてはいけないのだ。

余談だが、Kindle Paper Wrightを購入した。とても使いやすいし、とくに寝る前にベッドで読書するのにちょうどいい。スマホと違って優しいバックライトの光なので睡眠を妨げにくいのではないかと思う。

*1:思ったよりことは単純ではないようである。どうやら、海外から日本のアマゾンでの購入をアマゾンが弾いている様子。その基準等は不明である。(2017/12/03 追記)

ポモドーロ・テクニックの実装

ポモドーロしたい

ポモドーロ・テクニックというものがある。

f:id:Rlan:20170828100438p:plain

有名なので知っている人もいるかと思う。簡単にいえば、

  • 30分1セットで25分集中したら5分休憩する

  • 4セットしたあと、長めに休憩する

というルーティンをまわしていくLife Hackである。1セットにつきやるタスクを1つと決めるのがオーソドックスなやり方らしい。こういうものはオリジナルの方法から離れていくものなので諸説あるかもしれない。

このポモドーロという名前はキッチンタイマーから名付けられたということらしい。つまり、25分 + 5 分という時間配分をキッチンタイマーで管理するということだ。

詳しくはここらへんに書いている模様。

gigazine.net

キッチンタイマーなど使えない

さて、これを実生活で実行するとなると1つ問題がある。自宅ならいざしらず、外でキッチンタイマーを使うのが難しいという問題である。職場や図書館、カフェでジリリリと鳴らしてみようものならいつ後ろから刺されるかわからないというものである。刺されなくても、うしろゆびさされ組くらいにはなるだろう。

アプリを使おう

現在、ポモドーロ・テクニックを実践している。これには、 スマホをやめれば魚が育つ というアプリを利用している。スマホを触らない時間を貯めると魚が育っていくというアプリである。

  • 何分触らないか決める

  • 決めた時間がすぎると、自分で定めた休憩時間中はスマホを触れる

という仕組みである。これはポモドーロ・テクニックにうってつけの仕組みなのである。

  • 何分触らないか決める → 25分に設定

  • 決めた時間をすぎると自分で定めた休憩時間中はスマホを触れる → 5分の休憩時間を設定

とできるからである。

しかも、

  • 決めた時間スマホを触らなければその分ポイントとコインが貯まる

  • 魚が完全に成長すると放流し、別の魚をコインで買って育てる

  • レベルの高い魚を育て上げるにはたくさんポイントを貯める必要がある(最長120時間)

というたまごっち的な要素もある。

しかも、マナーモードにしておけばバイブで知らせてくれるので*1静寂で神聖な場所でもポモドーロ・テクニックを使うことができる。

後の問題はいかにして集中するか、限られた時間でタスクを消費するかだけになった。

*1:マナーモードでバイブが鳴るように設定することが必要

CLionを使う

IDEを使ったことがなかったのだが、そうもいってられないので、使っている。 Macなので、安直にXcodeを使用しようとおもったのだが、どうも思いし、C++の勉強には不向きだと思う。 全部、MacでVisual Studiogが使えないのが悪い。

いろいろと物色していたのだが、とりあえずCLionを使用してみることにした。

qiita.com

有料ソフトなのだが、eduやacがつくメールアドレスをもっている人は無料で使えるらしい。 また、vimのコマンドも使えるのでvimの練習にもなる。 画面もイイ感じだ。

f:id:Rlan:20170803093446p:plain

とりあえず、前にブログで話題にしたC++の本の練習問題を解いている。

基礎からしっかり学ぶC++の教科書 C++14対応

基礎からしっかり学ぶC++の教科書 C++14対応

色々と発見があっておもしろい。

話題が変わるが、Macの掃除などをしたい人は以下を参考にするといいだろう。


埃だらけ…MacBook Proの分解掃除!

Visual Studioが使えないけど、Macを末永く使いたいものである。

論文の書き方

アウトリーチ

人工知能は人間を超えるか、という本がある。この本は昨今の一般メディアの人工知能ブームよりも前に出版された本であり、ベストセラーにもなった本である。

研究者も個人サイトがある

作者は東大の松尾豊という研究者の方で、サイトもある。以前のエントリーでも書いたが、こういう第一線の研究者が私のような一般市民に向けて啓蒙をしてくださるのはありがたい限りである。

be-dazzled.hatenablog.com

論文の書き方

ところで、第一線の研究者なので当然、研究室があり、院生がおり、ジャーナルや国際会議への投稿を盛んにしている。そういったノウハウもHPで公開されているのだ。一般市民だけではなく、院生・若手研究者への情報を公開しているのは、ありがたい。

松尾ぐみ | 松尾 豊

この啓示を拝読した。日本人が英文のジャーナルや国際会議に投稿するためにどのようなステップを踏めばいいかということが丁寧に書かれている。松尾先生は情報系なので他分野とは事情が違うところもあると思う。国際会議への投稿の採択が最重要であったり、国際会議という概念がなかったり、トップのジャーナルからの採択が最重要だったりするなど評価軸は分野による。しかし、研究と論文執筆を生業とするものにはだれにとっても参考になるだろう。 f:id:Rlan:20170616095809p:plain